松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ

【1】『FOODEX JAPAN2017 -第42回国際食品・飲料展-』視察会のご案内
【2】平成29年度「課題解決型福祉用具実用化開発支援事業」に係る公募について
【3】【信州メディカル産業振興会】(1/23開催)救急医療機器開発部会
    講演会「企業グループによる医療機器等の開発事例」 開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】『FOODEX JAPAN2017 -第42回国際食品・飲料展-』視察会のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【世界中の食品・飲料が一堂に会し、食品業界のビジネス拡大支援と
最新のトレンドを発信し続けています】

食品業界の国内外の新製品・新技術の情報収集・交流の場として下記の
スケジュールでバス視察会を実施します。
新規開拓・新商品の開発に是非活かしてください。
多くの皆様のご参加をお願いします。

■主催  :まつもと工業支援センター、松本地域産学官連絡会、
      松本商工会議所ものづくり工業部会
■実施日時:平成29年3月8日(水)AM7:00~PM8:30
      ※詳細は、申し込み時資料を添えてご説明致します。
■参加費 :1,000 円/人(税込)
■定員  :20名(各企業2名程度の参加が可能です)
■申込締切:平成29年1月27日(金)まで
      ※定員になり次第締め切らせていただきます。
       お早めにお申し込み下さい。
■お申込方法:裏面『申込書』へ必要事項をご記入の上、お申し込みください。
      ※展示会は出展が、3,711ブースと4時間では全てを見ることはできません。
       必要に応じ往路だけ、または復路だけのご利用でも参加いただけます。


【FOODEX JAPAN2017 】概要
-----------------------------------
開催日 :2017年3月7日(火)~3月10日(金)
開催地 :幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
出展者数:(2016年実績) 合計3,197社(国内1,262社、海外78カ国1,935社)
     長野県中小企業振興センターブース出展有り
来場登録者数 :76,532名

公式ホームページ http://www.jma.or.jp/foodex/


≪視察スケジュール≫
集合6:50 まつもと工業支援センター駐車場
⇒ 7:00 出発
    ※往路復路共にSAにて休憩をとります
⇒ 11:30 会場着
⇒ 11:30 ~ 15:50 展示会視察
    ※昼食は会場内で各自個別にお取り下さい
    ※試食コーナーが充実しています。是非ご利用ください。
⇒ 16:00 展示会場出発
⇒ 20:30 まつもと工業支援センター帰着

《お問合わせ》
〒390-1242
松本市和田南西原4012-27 まつもと工業支援センター内
松本商工会議所ものづくり支援グループ(担当:早坂、幅、岡村)
電話:0263-48-1657 FAX:0263-40-1072

◆詳細、チラシ、申込書は、以下のURLからご参照ください。
  http://www.m-isc.jp/docs/2017_FOODEX.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】平成29年度「課題解決型福祉用具実用化開発支援事業」に係る公募について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、
平成29年度課題解決型福祉用具実用化開発支援事業に係る助成事業者の公募を
行う予定です。
本事業は、平成29年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や
政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画、概算払の時期などを
変更する場合があります。

1.事業内容

(1)概要
「福祉用具の研究開発及び普及の促進に関する法律」に基づき、福祉用具の開発を
行う中小企業に対して助成金を交付することにより、福祉用具の実用化開発を
推進し、高齢者、心身障害者及び介護者の生活の質を向上することを目的と
しています。
詳細は、公募開始後に掲載する公募要領等で確認してください。

(2)助成率及び助成金の額
助成率は、助成対象費用の3分の2以内です。ただし、大企業の出資が一定比率
以上の中小企業は2分の1以内です。
助成金の額は、1件当たり1年間で2,000万円以内です。
研究開発期間は、3年以内で任意に設定可能です。

(3)公募期間
平成29年2月上旬から平成29年3月中旬の予定です。

2.説明会

「平成29年度課題解決型福祉用具実用化開発支援事業」に係る公募の申請に
あたっての具体的な手続き、提出いただく書類の記載方法等について、以下の
とおり説明会を開催します。参加を希望される方は、事前参加申込みをお願いします。

なお、説明会ご参加の際には、公募開始時に公開される公募要領、公募説明会
資料などを印刷し、ご持参ください。
平成29年2月21日の川崎会場については、川崎市の福祉・介護産業の振興・
育成施策であるウェルフェアイノベーションに関する制度説明も併せて実施
いたします。

http://www.nedo.go.jp/koubo/CA1_100140.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】【信州メディカル産業振興会】(1/23開催)救急医療機器開発部会
    講演会「企業グループによる医療機器等の開発事例」 開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

信州メディカル産業振興会 救急医療機器開発部会では、
「企業グループによる医療機器等の開発事例」~開発から販売まで~ と題しまして、
下記のとおり、講演会を開催することとなりました。
別添のチラシもあわせてご確認頂き、参加ご希望の場合は、1月17日(火)までに
お申し込みくださいますようお願い申し上げます。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

          記

救急医療機器開発部会 講演会
「企業グループによる医療機器等の開発事例」
~ 開 発 か ら 販 売 ま で ~

【日時】平成29年1月23日(月)13:30~
【場所】信州大学松本キャンパス 旭総合研究棟9階C講義室

【次第】
 1 開会挨拶
  「企業グループ形成支援について」
   信州メディカル産業振興会 救急医療機器開発部会 部会長 櫻井 和徳

 2 講演会  
  13:35~14:20
  演題:『デジタル技術を活用した新たなものづくり』
  講師:有限会社スワニー 代表取締役社長 橋爪 良博 氏

  14:20~15:05
  演題:『SESSAにおける医療機器開発と医工連携2.0』
  講師:株式会社ナノ・グレインズ 医療事業本部 本部長 鈴木 啓太 氏

   ( 15:05~15:15  休憩 )

  15:15~16:00
  演題:未定
  講師:製販企業様に依頼中

   ( 16:00~16:15  移動 )

 3 DMAT(災害医療派遣チーム)の資器材見学会
  16:15~16:45

   ( 16:45~17:00  休憩・移動 )

 4 懇親会(信州大学医学部附属病院 外来診療棟5階 レストラン「ソレイユ」)
  17:00~18:30
  ※当日、受付にて懇親会参加費3000円頂戴いたします。


【申込方法】
1.企業名(機関名)、2.所属・役職、3.氏名、
4.見学会の参加希望、5.懇親会参加の有無
をご記入の上、下記の宛先にお申し込みください。
メールアドレス: smia@shinshu-u.ac.jp

詳細は、以下のURLをご参照ください。
 http://www.shinshu-u.ac.jp/group/smia/topics/2016/12/post-36.php

主催:信州メディカル産業振興会、信州メディカルシーズ育成拠点、
   信州大学学術研究・産学官連携推進機構
共催:信州大学医学部附属病院
後援:公益財団法人長野県中小企業振興センター、松本地域産学官連絡会


【お問い合わせ】
信州大学 学術研究・産学官連携推進機構
 山田 有美

〒390-8621
長野県松本市旭3丁目1番1号
信州地域技術メディカル展開センター内
 TEL:0263-37-3421(内線番号5841)
 FAX:0263-37-3425
 E-MAIL:y_yamada@shinshu-u.ac.jp

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

<< 前の記事へ       次の記事へ >>

最近のブログ記事

長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【3】<製造事業所の皆様へ> 平成30年…
中小企業庁/中小企業基盤整備機構よりのお知らせ
【10】★補助金等公募状況のお知らせ★ …
松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ
【1】「きたしん うまいもん市『食のバイ…
長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【3】海外展示会(工業系)に関するアンケ…
中小企業庁/中小企業基盤整備機構よりのお知らせ
【10】★補助金等公募状況のお知らせ★ …
松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ
【1】経営計画策定セミナー開催のお知らせ…
長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【5】医療・ヘルスケア機器 産業化特別講…