長野県中小企業振興センターよりのお知らせ

【5】「長野県・働き方改革シンポジウム」を開催します
【6】「改正道路交通法」が平成29年3月12日に施行されます
【7】「第2回 グローバルマーケティングセミナー」参加者募集のお知らせ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】【長野県・働き方改革シンポジウムを開催します】
    いまこそ転換期! ~働き方を変えて企業も人生も幸せに~
       現場と人から見直す「働き方改革」を考える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  仕事と家庭の両立を促進し、誰もが能力を発揮しながら、生き生きと
 働くことができる労働環境づくりのため、長時間労働の抑制や休暇取得の
 促進、多様な勤務制度の導入などの働き方改革を進めることが必要です。

  また、働き方改革は、企業にとっても、人材の確保・育成や企業の成長に
 つながります。本シンポジウムでは、基調講演、パネルディスカッションを
 通じて、企業と従業員双方にとっての働き方改革の目的と効果について、
 企業の取組事例を交えながら考えていきます。

 ■日時:2017年2月17日(金) 13:30~受付 14:00~16:30

 ■会場:勤労者女性会館 しなのき(長野市西鶴賀町1481-1)

 ■参加費:無料

 ■プログラム(抜粋)
 ・基調講演「未来を創る働き方改革~時代の変革期に生き残るために~」
  講師:佐藤道子 氏(パリテ社会保険労務士事務所 特定社会保険労務士
            ワーク・ライフバランスコンサルタント)
 ・パネルディスカッション
 「信州で働く人と企業が語る~多様な働き方・暮らし方の「今と課題」~」
  コーディネーター:伊藤かおる 氏
           ((株)コミュニケーションズ・アイ代表取締役)
  パネリスト:寺尾雄二郎 氏
        (シナノケンシ(株)グローバル人事グループグループマネージャー)
        伊藤裕子 氏((株)たまゆら 介護福祉士 生活相談員)
        塚田一弘 氏(認知症の人と家族の会、シルバーバックの会)

 ■主催:長野県

 ■申込方法:開催チラシを確認の上、電話、メールまたはFAXにより
       お申し込みください。

 ■申込締切:平成29年2月13日(月) ※定員に達し次第締め切り

 ■お問合せ
  株式会社アドソニック(受託事業者)
  〒381-0038 長野市大字東和田784-1司ビル3階
  電話:026-263-1707 FAX:026-263-1708

 ※詳細は以下のURLをご覧ください。
  http://www.pref.nagano.lg.jp/rodokoyo/rodo/shuro/hatarakisinpo.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】「改正道路交通法」が平成29年3月12日より施行されます 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  平成29年3月12日から、普通自動車、中型自動車、大型自動車に加えて
 車両総重量3.5トン以上7.5トン未満(最大積載量2トン以上4.5トン未満)の
 自動車が、「準中型自動車」として新設され、この自動車に対応する免許
 として「準中型免許」及び「準中型仮免許」が新設されます。

 それにより、普通免許で運転可能な車両の大きさが現行の普通免許に比べて
 小さくなり、新たな普通免許では、いわゆる2トン車が運転できなくなります。

  これに伴い、運転者並びに運転管理者の錯誤・法の不知等により、普通
 免許所持者が普通免許で運転することができない「準中型車」を運転する
 無免許運転や、運転管理者が普通免許所持者に対し無免許運転を下命する
 事案等の発生が懸念されますので、ご注意ください!

 1.準中型免許の新設
  ・準中型免許は18歳から、普通免許がなくても取得が可能です。
  ・準中型車で運転できる自動車は、
    準中型車 車両総重量7.5トン未満(最大積載量4.5トン未満)
    普通自動車 車両総重量3.5トン未満(最大積載量2トン未満)

 2.新たな普通免許で運転できる自動車は、
   普通自動車 車両総重量3.5トン未満(最大積載量2トン未満)に変わり、
   どちらか一方でも超過していると無免許運転となりますので、ご注意
   ください。

 3.すでに普通免許を保有している方、改正法施行前に普通免許を取得された方
   準中型免許(5トン未満限定)に移行し、引き続き
   車両総重量5トン未満(最大積載量3トン未満)の自動車
   を運転することができます。

 4.無免許運転に注意!
   3月12日以降に普通免許を取得した方が、車両総重量3.5トン(最大
   積載量2トン)を超えている自動車を運転すると無免許運転となります。

   事業所の運転管理者等は、従業員の運転免許証について十分把握の上、
   無免許運転をさせることがないようにしてください。

  ※詳細は添付の資料もしくは以下のURLをご覧ください。
   http://www.pref.nagano.lg.jp/police/menkyo/etc/kaisei170312.html

 ○お問合せ先
  長野県警察本部 東北信運転免許課 試験係
  電話:026-292-2345


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【7】 第2回 グローバルマーケティングセミナー 参加者募集  
   「事例から学ぶ!海外展開経営戦略 ~海外販路開拓の手法~」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 (公財)長野県中小企業振興センターは、各種事業を通じ県内中小企業の
 海外への販路開拓・拡大支援を関係機関と連携し行っています。本セミナー
 では、長野県の海外展開支援施策のご紹介および県内中小企業の経営者に
 自社の海外展開経営戦略を事例を交えてご紹介して頂きます。

  アジアでの海外売上倍増を目指し、アジア市場の競争環境の中で積極的に
 販路開拓に取組んでいる県内企業に、海外バイヤーのニーズ動向やバイヤー
 への新たなアプローチ手法等についてお話しして頂きます。

  また、中小企業が海外への販路開拓を推進する上で抱える課題(人材不足、
 マーケティング・営業力、現地パートナー発掘等)についても自社の取組みを
 ご紹介頂きます。

  海外販路開拓に関心のある方はこの機会に是非ご参加ください。

 ・日時:2017年3月13日(月)13:30~16:30(受付13:00~)
 ・場所:テクノプラザおかや 大研修室兼展示場(長野県岡谷市本町1-1-1)
 ・定員:50名程度 ※ 定員になり次第締め切らせていただきます。
 ・対象者:長野県内に事業所を保有する中小製造業の経営者、海外事業担当者等
 ・主 催:長野県、(公財)長野県中小企業振興センター 
 ・後 援:ジェトロ長野、JICA駒ケ根
 ・参加費:無料

 ・プログラム
  13:30~13:35 開会挨拶
  13:35~14:05 長野県の海外展開支援施策について(長野県 産業労働部)
  14:05~15:05 特別講演1「海外パートナーシップ構築と売上倍増!」
        【講師】(株)テクロック 代表取締役社長 原田健太郎氏
  15:05~15:15 休憩
  15:15~16:15 特別講演2
  「モデルプロジェクト建設による海外販路開拓(海外新規市場参入)」
  【講師】ネクストエナジー・アンド・リソース(株)海外事業部長 梅谷晴彦氏
  16:15~16:30 質疑応答

 ※セミナー詳細については、以下のURLをご覧ください。
  http://www.icon-nagano.or.jp/cms/modules/contents/page/00421.html

 ≪申込方法≫
  参加申込書にご記入の上、3月8日(水)【必着】までに電子メール
 (kokusai@icon-nagano.or.jp)又はファックス(026-228-2867)で
 (公財)長野県中小企業振興センターまでお申込みください。

 ≪お問合せ先≫
  〒380-0928 長野県長野市若里一丁目18番1号
  (公財)長野県中小企業振興センター マーケティング支援センター
      海外展開チーム 担当:近藤
   TEL:026-269-7366 FAX:026-228-2867
   E-mail:kokusai@icon-nagano.or.jp

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

<< 前の記事へ       次の記事へ >>

最近のブログ記事

長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【3】<製造事業所の皆様へ> 平成30年…
中小企業庁/中小企業基盤整備機構よりのお知らせ
【10】★補助金等公募状況のお知らせ★ …
松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ
【1】「きたしん うまいもん市『食のバイ…
長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【3】海外展示会(工業系)に関するアンケ…
中小企業庁/中小企業基盤整備機構よりのお知らせ
【10】★補助金等公募状況のお知らせ★ …
松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ
【1】経営計画策定セミナー開催のお知らせ…
長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【5】医療・ヘルスケア機器 産業化特別講…