松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ

【1】プラスITセミナー第3弾
        メディアミックス型 戦略的情報発信・集客セミナー
【2】【信州メディカル産業振興会】
      信州メディカルシーズ育成拠点 整備機器利用説明会開催のご案内
【3】平成29年度ロボット導入実証事業の公募開始のお知らせ
【4】「平成28年度ものづくり基盤技術の振興施策」
       (ものづくり白書)をとりまとめました
【5】第5936回 現場KAIZEN発表大会の ご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】プラスITセミナー第3弾
        メディアミックス型 戦略的情報発信・集客セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日時:平成29年7月11日(火) 13:30~17:00
 会場:松本商工会館6F 601会議室

【 セミナー内容 】 (13:30~16:00)

~低予算での効果的な集客の仕組み作りを学ぶ~
事業者の多くの皆さんが販路開拓については大きな経営課題であり、日々様々な
努力をしております。限られた予算の中でいかに効果的な情報発信をし、新規顧客
獲得をしていくべきか?
プラスITセミナー最終回の本講座では、低予算での効果的な集客の仕組みを自ら
構築していくことができるよう、ステップを追って学んでいただきます。
また、セミナーの後には、専門家による個別相談会も開催します。

Web活用の現状
成功に導くWeb活用の検討ステップ
販売促進計画策定に挑戦
 講師:有限会社ブレインズ・ワン 代表取締役 阿部裕樹氏

【 個別相談会(希望者:予約制) 】 (16:00~17:00)

専門家によるアドバイスが受けられます。ネットの利用・活用に関わることであれば、
「HPを何とかしたい」という相談内容でも結構です。
1社20~30分で調整後連絡します。

◆お申し込み・お問い合わせ

詳細・お申込みはこちらをご覧ください。
https://www.mcci.jp/wp-content/uploads/2017/06/Plus_IT_2_3.pdf
お申込みの際は、お申込フォームに必要事項をご記入いただき、ファックスまたは
メールにてお送りください。

松本商工会議所 経営支援グループ 担当:栗林
TEL:0263-32-5350 FAX:0263-32-1482
Eメール:soudan@po.mcci.or.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】【信州メディカル産業振興会】
      信州メディカルシーズ育成拠点 整備機器利用説明会開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

信州メディカルシーズ育成拠点は平成21年度に(独)科学技術振興機構が公募した
「地域産学官共同研究拠点整備事業」に採択されたもので、"地域技術シーズ"を、
メディカル領域へ新展開するために必須である「有効性と安全性」を実証する
26種類の大型分析機器等を、当該事業により整備しました。

これらに加え、既に信州大学が保有していた機器を含め、計53機器の分析機器を
平成23年6月より共同利用化しました。

平成26年度に細胞イメージング解析装置(Operetta)、平成28年度には
組織切片イメージ解析装置(Vectra3)、超解像レーザ顕微鏡(Zeiss LMS880 with Airyscan)等の
新規設置機器を含め、ご紹介します。
皆様のご参加をお待ちしています。

※なお、お問合せ・お申込先は信州メディカル産業振興会ではございませんので、
 詳細につきましては下記をご確認くださいますようお願い申し上げます。

========================================
「信州メディカルシーズ育成拠点 整備機器利用説明会」開催のご案内
========================================

日時:平成29年 9月 1日(金)14:00~16:00

会場:信州大学 旭総合研究棟3階会議室
   *信州大学正門を入り、150メートルほど直進した正面にある9階建ての建物です。
   *信州大学内には駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。


参加費:無料


【お問い合わせ】
・信州メディカルシーズ育成拠点
 URL: http://www.shinshu-u.ac.jp/project/medical_seeds/
・信州大学学術研究・産学官連携推進機構
 TEL: 0263-37-3527 FAX: 0263-37-3049
・信州大学基盤研究支援センター機器分析支援部門
 E-mail: kikijimu@shinshu-u.ac.jp  
 *お問い合わせは、平日の9時~17時にお願いします。


【お申し込み】
添付ファイルに必要事項をご記入の上、メール([a:]kikijimu@shinshu-u.ac.jp)または
FAX(0263-37-3049)でお送り下さい。
  http://www.m-isc.jp/docs/h290901_medical_info.pdf

メールの場合は、メールの件名を【機器説明会申込】とし、本文に申込書の各項について
ご記入の上、お送り下さい。
申し込み締め切りは、平成29年8月31日(木)17時までとなります。

整備機器については整備機器については、
別添資料の「設備一覧メディカルH29.pdf」をご参照ください。
http://www.m-isc.jp/docs/h290901_medical_equip_list.pdf

*動物実験施設に設置した機器(小動物画像診断システム等)については
 施設管理上の理由から当日見学することは出来ません。

主催:信州メディカルシーズ育成拠点
共催:信州大学学術研究・産学官連携推進機構
   信州大学基盤研究支援センター


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】平成29年度ロボット導入実証事業の公募開始のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平成29年度ロボット導入実証事業の公募を開始しましたのでお知らせします。
本事業では、次のA~Cの類型に掲げる内容のいずれかに合致する提案に対し、事
業の実施に要する経費の一部を助成します。

【A.未活用領域における導入実証・FS(実現可能性調査)事業】
三品産業(食品・化粧品・医薬品産業)又はサービス産業におけるロボット活用で
あって、これまで当該分野における活用が進んでこなかった阻害要因を明確に特
定し、これを解決するためのロボット導入実証やFSを行う計画を対象とします。

【B.コスト削減に向けたSIプロセス実証事業】
ロボットシステムの構想・設計・導入を担うシステムインテグレータと密に連携
し、ロボットシステムの導入におけるシステムインテグレーションのコストを削
減する設計手法の実証を行う計画を対象とします。

【C.公共空間におけるロボット社会実装プロジェクト】
空港や市街地、ショッピングモール、ホテル、飲食店、駅などの公共空間におい
てサービスを提供するロボットの活用について、価値評価手法の確立などを通し
た、社会実装に向けたロボット導入実証やFSを行う計画を対象とします。

その他、補助対象条件や補助対象経費など公募の詳細については、公募要領をご
確認ください。
平成29年度ロボット導入実証事業 http://www.jara.jp/hojyo/koubo.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】「平成28年度ものづくり基盤技術の振興施策」
       (ものづくり白書)をとりまとめました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆今回のものづくり白書のポイント
経済産業省が執筆した第1部第1章では、「我が国製造業が直面する課題と展望」
を分析しています。

アンケート結果やその分析等を通じ、我が国ものづくり企業の主要課題を、「付
加価値の創出・最大化」及び「人材不足が顕在化する中での現場力の維持・向上
」であると捉え、また、これら2つの主要課題の解決に向けては、IoT等のデジタ
ルツールの積極活用が鍵を握ることが分析を通じて示されています。
また、様々な繋がりにより価値創出を実現する産業"Connected Industries"の
実現に向けた取組の重要性について言及するとともに、価値創出の鍵を握るデジ
タルツールの利活用の具体的事例を産業タイプ別及びソリューションにより類型
化して多数(約90件)提示しています。
さらに、上記の主要課題の解決に向けて有効と考えられる取組の方向性を思考、
行動特性、手段等に分けて整理の上、記述しております。

詳しくはこちらから
http://www.meti.go.jp/report/whitepaper/mono/2017/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】第5936回 現場KAIZEN発表大会の ご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年 中信ブロック主催行事となります「第5936回現場KAIZEN発表大会」の
ご案内を申し上げます。

 この大会は、中信地域における企業の製造および間接部門が改善活動の成果を
発表する場であり、貴企業の職場の活性化、意識改革にお役立ていただける
ものと確信しておりますので、多くの皆様の参加をいただきたくお願い
申し上げます。
 詳細は別紙のパンフレットをご覧いただき、申込につきましては申込担当者宛に
ご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。


1. 開催日時:2017年8月4日(金)

2. 開催場所:松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール)
     〒390-0851 長野県松本市島内4351 TEL:0263-47-2004

3. 発表件数:8件 (製造・技術・品証部門 7件、事務・販売・サービス部門 1件)

4. 募集人員:120名

5. 問い合わせ先:大会事務局
     パナソニック株式会社 AIS社 松本工場
     品質管理課   高橋 俊文
     E-mail :takahashi.toshifumi@jp.panasonic.com
     FAX:0263-25-2752


◆第5936回 現場KAIZEN発表大会の ご案内
  http://www.m-isc.jp/docs/5936th_kaizen_info.pdf
◆第5936回 現場KAIZEN発表大会の プログラム
  http://www.m-isc.jp/docs/5936th_kaizen_pr.pdf
◆第5936回 現場KAIZEN発表大会 参加申込書
  http://www.m-isc.jp/docs/5936th_kaizen_form.xlsx


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

<< 前の記事へ       次の記事へ >>

最近のブログ記事

長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【3】<製造事業所の皆様へ> 平成30年…
中小企業庁/中小企業基盤整備機構よりのお知らせ
【10】★補助金等公募状況のお知らせ★ …
松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ
【1】「きたしん うまいもん市『食のバイ…
長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【3】海外展示会(工業系)に関するアンケ…
中小企業庁/中小企業基盤整備機構よりのお知らせ
【10】★補助金等公募状況のお知らせ★ …
松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ
【1】経営計画策定セミナー開催のお知らせ…
長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【5】医療・ヘルスケア機器 産業化特別講…