松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ

【1】第13回医療機器開発全般セミナー開催のお知らせ
    デザインから医工連携を考えるシリーズ第1回
     『医療現場のニーズから医工連携をデザインする』
【2】松本地域産学官交流ネットワーク
    眠っている特許を活用した新事業展開研究会 開催のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】第13回医療機器開発全般セミナー開催のお知らせ
    デザインから医工連携を考えるシリーズ第1回
     『医療現場のニーズから医工連携をデザインする』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 平成22年の信州メディカルシーズ育成拠点の設置、信州メディカル産業振興会の
設立に始まった信州地域の医工連携を通じて、数々の医療機器・器具等を開発し
市場に送り出してきました。
 8年目を迎えた本年度は、"デザイン"という視点を取り入れ、デザイン思考を
ベースに医療機器を利用する医療機器開発を考えるバイオデザインの考え方や
実際の国内外市場におけるデザインの重要性などを考えるセミナーをシリーズで
開催します。
 第1回目は、米国スタンフォード大学のデザイン思考に基づく人材養成講座
"BIODESIGN講座"の講師を務められる池野文昭氏、AMED知的財産部の神谷直慈氏を
講師にお迎えし、医療現場のニーズからどのように医工連携プロジェクトを
デザインするかを考えます。

 皆様のご来場をお待ちしております。


日 時:8月25日(金)17:30~19:45(開場17:00)
会 場:信州大学松本キャンパス医学部松医会講堂(臨床棟5階)

プログラム:
17:30~18:00 「医工連携と知財戦略」
         神谷直慈氏
         日本医療研究開発機構(AMED)
         知的財産部知的財産コンサルタント/弁理士
18:00~19:00 「BIODESGINに基づく医療機器開発」
         池野文昭氏
         米国スタンフォード大学医学部循環器科主任研究員
19:00~19:45 会場を交えてのディスカッション

【参加お申込み・お問合せ先】※お申込み方法は、チラシ裏面をご参照ください。
http://www.m-isc.jp/docs/20170825_SMIA_medical-equipment_dev_seminar.pdf
信州大学学術研究・産学官連携推進機構URA室担当:阿部、伊東
TEL:0263-37-3421FAX:0263-37-3425mail:smia@shinshu-u.ac.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】松本地域産学官交流ネットワーク
    眠っている特許を活用した新事業展開研究会 開催のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~川崎市における知的財産マッチング事業の取組み紹介~

 「特許」と聞くと、「大企業のものでうちには関係ない」という企業代表の皆様も
多いことと思いますが、近年、大企業が所持しながらうまく利用できていない特許
(休眠特許)を利用して、中小企業が新技術開発、新規事業に乗り出すといった例が
出てきています。

 そこでこのたび、松本地域産学官連絡会ではこうした取り組みの先進市である
川崎市をお招きして、その取組みを紹介します。今後の支援活動、企業活動の参考と
なることと思いますので、皆様のご参加をお待ちしております。

1.日時、会場ほか
(1)日時 :平成29年8月28日(月)午後1時~4時30分
(2)会場 :松本市中央公民館(Mウイング) 4-4
(3)対象 :松本地域の支援機関、企業の皆様
(4)定員 :30名(予定)
(5)参加料:無料(交流会参加者は3,000円を当日ご持参願います)

2.主催
    松本市、松本地域産学官連絡会、まつもと工業支援センター

3.内容
(1)川崎モデルについて
  ・川崎モデルの中小企業支援について(13:10~)
   川崎市経済労働局企画課
      オープンイノベーション推進担当課長 木村 佳司 様
  ・知財交流事業について(13:40~)
   公益財団法人川崎市産業振興財団 
      知的財産コーディネータ 髙橋 光一 様
  ・知財交流事業を活用した新事業展開について(14:00~)
   公益財団法人川崎市産業振興財団 
      知的財産コーディネータ 西谷 亨 様
   (株)アルファメディア 代表取締役社長 小湊 宏之 様
  ・地域金融機関との連携について (15:05~)
   川崎市経済労働局企画課
      オープンイノベーション推進担当 朝井 亮介 様
(2)長野県内での休眠特許の活用の取組みについて(15:40~)
  ・長野県中小企業家同友会 代表理事 関野 友憲 様
(3)交流会(17:00~)
  ・松本商工会館601号室

4.お申込み方法、お問合せ先
   チラシ裏面の申込用紙に必要事項をご記入のうえ、8月21日(月)
   までに、FAXまたは電子メールでお申し込みください。
   http://www.m-isc.jp/docs/20170828_Sangakukan_Network_seminar.pdf
   ・松本市商工観光部 商工課(TEL:0263-34-3270 担当:宮澤、丸山)
   ・まつもと工業支援センター(TEL:0263-40-1071 担当:早坂)
   ・電子メール:shoukou@city.matsumoto.lg.jp


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

<< 前の記事へ       次の記事へ >>

最近のブログ記事

長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【3】<製造事業所の皆様へ> 平成30年…
中小企業庁/中小企業基盤整備機構よりのお知らせ
【10】★補助金等公募状況のお知らせ★ …
松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ
【1】「きたしん うまいもん市『食のバイ…
長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【3】海外展示会(工業系)に関するアンケ…
中小企業庁/中小企業基盤整備機構よりのお知らせ
【10】★補助金等公募状況のお知らせ★ …
松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ
【1】経営計画策定セミナー開催のお知らせ…
長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【5】医療・ヘルスケア機器 産業化特別講…