松本市工業ビジョン

松本市工業ビジョン 2012年度 中間見直し板

工業の活性化を目指して

松本市工業ビジョンは、地域の実情を把握している企業、行政、商工会議所等の支援機関、及び学識経験者が中心となり「(自ら)変わろう、そして(価値観を)変えよう!」をミッション・フレーズに、2008年3月に策定された。2008年度から2017年度の10年間をスパンとしたビジョンは、「知識集約型企業を育成・誘致し、中核とするコンプレックス(複合化)構造の構築」と「経営の自立化と高質化、技術の高度化」を目指すべき方向性として掲げ、「活性化」に向けた5年後の目標値・10年後の期待値、企業・行政・商工会議所等支援機関がそれぞれ取り組むべきアクションプランや支援体制の構築に連携しながら取り組んできた。

知識集約型企業の誘致では、新工業団地が建設され、2社の誘致が完了している。また、産学共同研究や異業種連携による製品開発、さらには健康産業へ参入し地域と連携しながら実証実験に取組む企業も出てきた。経営の自立化、技術の高度化にチャレンジする「北アルプスものつくりネットワーク」が設立し、新たな企業活動が行われている。支援体制としては、市と商工会議所が2009年4月「まつもと工業支援センター」を開設し、技術・マーケット支援に対応するコーディネーターの配置、各種支援制度の創設や、人材育成を目的とした研修プログラムの開発、メルマガによる情報発信を行っている。また、助成制度を活用し新商品開発に取組む企業や展示会へ出展する企業も増加し、中には海外への展示会にも出展する企業も出てきた。

ものづくり人材育成の分野では、2012年10月に技能五輪全国大会が松本で開催され、24業種にわたり若い技術者たちが技術・技能を競い大いに盛り上がったが、今後ものづくり分野の人材育成にどうつなげていくかが課題となる。

さて、5年間の経済情勢はリーマンショックや円高の長期化などにより厳しい局面へと変化し、大手企業やそれを支える下請企業、さらには地域産業も厳しい状況下におかれてきた。景気変動に左右されない地域産業を経営的な視点から検討することも必要となってくる。

k_vision2012_top.jpg

松本市では政策の柱として「健康寿命延伸都市・松本」の創造を掲げ、健康産業の創出と企業誘致を重点施策に位置づけており、2011年から「世界健康首都会議」を開催し、市の進める新たな都市戦略や健康産業に関する情報を広く市民をはじめ国内外に発信している。今後、新たな分野への参入や事業展開を促進する方向性の検討が必要となる。

さて、このような展開の中で、今年度(2012年度)は5年目の中間年にあたり、企業・行政・商工会議所・大学・工業高校など地域の工業関係者により、ビジョン推進状況の評価・検証、現在の経営環境に合わせた内容の修正や新たな追加などを行う見直し作業を行った。

(松本市工業ビジョン 2012年度 中間見直し版 「はじめに」より)

「松本市工業ビジョン 2012年度 中間見直し版」(24ページ PDF 約7MB)は、こちらからご参照ください。


松本市工業ビジョンを策定

ミッション/フレーズ

『(自ら)変わろう、そして(価値観を)変えよう!』

松本市工業ビジョンは、松本市製造業の現状を危惧した工業関係者の提言を受け、平成17年度に、工業の実態把握のための「基礎調査」を実施したことに始まります。
調査結果から明らかになった実態を踏まえて、工業関係者・行政・産業支援機関が一体となった、策定委員会を組織し、5年後・10年後の目標値を設定するとともに、それぞれが果たすべき役割を明確にしていることが特徴です。まつもと工業支援センターは、工業ビジョンの推進と工業支援に関わるワンストップサービス構築を目的に整備を進めています。

松本市工業が目指すべき方向

  1. 知識集約型(IT+技術開発型)企業を育成・誘致し、中核とするコンプレックス(複合化)構造の構築
  2. 経営の自立化と高度化、技術の高度化

活性化に向けた5年後の目標値、10年後の期待値

  製造品出荷額 従業員数 粗付加価値額 粗付加価値率
2006年度(実績) 5,640億円 16,100人 2,210億円 39%
2012年度(目標値) 6,350億円 17,060人 2,640億円 42%
2017年度(期待値) 7,010億円 17,900人 3,060億円 44%
伸長率
(シュミレーション)
2% 1% 3% 3%で達成可

推進すべき施策の具体的内容

企業が取り組む推進事項 行政が取り組む推進事項 商工会議所等の支援団体が
取り組む推進事項
  • 経営体質の強化
  • 既存事業商品の強化
  • 新規事業商品の強化
  • 人材を育成する
  • 支援制度を積極的に活用
  • 地域との連携を強化・拡大
  • 工業ビジョンの周知徹底
  • 支援メニューの拡充・創設
  • 企業誘致と工場団地の建設
  • ワンストップサービス体制と
    アクションプラン検証機関の構築
  • インフラ整備
  • 工業ビジョンの周知徹底
  • 企業の活性化活動の支援
  • 企業人の活性化
  • 人材開発
  • 競争優位性のあるHP開設

工業活性化のための支援体制

工業関係者が主体になって活動する機能
   ↑
  連携・協働
   ↓
支援団体が主体になって活動する機能
※行政や支援団体等が工業関係者にワンストップでサービスを提供
   ↓
 まつもと工業支援センターの整備推進

松本市工業ビジョンのダウンロード(PDF)

以下の松本商工会議所のページより、松本市工業ビジョン(PDF) がダウンロードできます。

「松本市工業ビジョン」が策定されました!

最近のブログ記事

松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ
【1】【SMIA】デザインから医工連携を…
長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【6】「航空・宇宙産業向け知財セミナー」…
中小企業庁/中小企業基盤整備機構よりのお知らせ
【10】★補助金等公募状況のお知らせ★ …
松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ
【1】高齢社会に求められるHuman C…
長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【4】「中小企業診断士養成課程」の第6回…
中小企業庁/中小企業基盤整備機構よりのお知らせ
【10】★補助金等公募状況のお知らせ★ …
松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ
【1】ものづくりに役立つITセミナー  …