松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ

【1】【SMIA】デザインから医工連携を考えるシリーズ
      第3回(2/21)・第4回(2/28)のご案内
【2】【開催案内】信州大学ものづくり振興会Xアクア・イノベーション拠点(COI)
       ~ジョイント技術交流会~
【3】「小型・携帯型 医療ヘルスケア機器<産業化特別講演会>」開催のご案内
【4】厳選!IoT7つ道具・ソリューション説明会2018
              ~ 改善がかわる!? ~
【5】開発ソフトウェア 技術説明会のお知らせ
    ~作業スケジュール調整システム V2 の無償提供について~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】【SMIA】デザインから医工連携を考えるシリーズ
      第3回(2/21)・第4回(2/28)のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

信州メディカル産業振興会では、2月14日開催のセミナーに続いて、
2月21日(水)、28日(水)に
「みんなが幸せな高齢社会を考えるワークショップ」を開催します。

14日のセミナーでは、製品・サービスの開発における「ニーズを把握すること」の
重要性が指摘されました。このニーズ把握の手法として有効な"ワークショップ"を
体験していただくことができます。

21日は、レゴブロックを使って固くなった右脳をほぐしながら、高齢社会の不安や
課題をあぶり出すワークショップ。
28日は、平均寿命などの高齢社会に関するデータを用いて、左脳も使いながら
誰のためにどんな製品・サービスが必要なのか、ニーズを絞り込むワークショップを
それぞれ実施します。
講師は、2人とも企業コンサルティングでワークショップ活用による問題解決や
組織改革経験があるプロフェッショナルです。

ワークショップ初心者でも、自分の考えを表現するのが苦手な人も、自然と話が
できる仕掛けがありますし、専門知識や経験も必要もなく、どなたでもご参加
いただけます。もちろん前回のセミナーに参加していない方も大丈夫ですし、
いずれか一回のみの参加も可能です。
皆様のご参加をお待ちしております。

ホームページURL:  http://www.shinshu-u.ac.jp/group/smia/topics/2018/02/2018214.php

--------------------------------------------------------------------------
デザインから医工連携を考えるシリーズ 第3回・第4回
みんなが幸せな高齢社会について考えるワークショップ
--------------------------------------------------------------------------

・第3回 考えやアイデアを形にするレゴ・ワークショップ

日時:平成30年2月21日(水)  13:30~16:00 (開場13:00)

場所:松本市あがたの森文化会館 207会議室(大会議室)
    https://www.city.matsumoto.nagano.jp/sisetu/kyoiku/agatanomorikaikan.html

講師:山本 伸 氏
    シミックホールディングス(株) 事業戦略推進室デジタル推進チーム
    http://blog.shinyamamoto.com/


・第4回 色々な情報から課題を絞り込むワークショップ

日時:平成30年2月28日(水)  13:30~16:00 (開場13:00)

場所:松本市あがたの森文化会館 207会議室(大会議室)
    https://www.city.matsumoto.nagano.jp/sisetu/kyoiku/agatanomorikaikan.html

講師:阿久津 靖子 氏
   (株)MTヘルスケアデザイン研究所 所長   http://hcdr.co.jp/
   Aging 2.0 Tokyo chapter アンバサダー   https://www.aging2.com/  
   一般社団法人日本次世代型先進高齢社会研究機構 代表理事
    https://agingjapan.org/about_agingjapan/

チラシ:
http://www.m-isc.jp/20180221_0228_workshop.pdf

申込方法:(1)所属機関又は市町村、(2)お名前(ふりがな)、(3)参加希望日 を
      明記の上、
      メール( mailto:smia@shinshu-u.ac.jp )、FAX(0263-37-3425)
      又は電話(0263-37-3421)にて、
      信州大学 学術研究・産学官連携推進機構URA室までお申込みください。

申込締め切り:開催前日まで

参加費:無料

対象者:住民、企業の方、医療・介護関係者、行政、学生などどなたでもご参加いただけます。

主催:信州大学 学術研究・産学官連携推進機構
    信州メディカル産業振興会


(参考)
2月14日開催:デザインから医工連携を考えるシリーズ 第2回
---------------------------------------------------
高齢社会に求められるHuman Centered Healthcare Design
~「人」を中心に考えるヘルスケア・医療のデザイン~
----------------------------------------------------
SMIAホームページURL↓↓
http://www.shinshu-u.ac.jp/group/smia/topics/2018/02/2018214human-centered-healthcare-design.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】【開催案内】信州大学ものづくり振興会Xアクア・イノベーション拠点(COI)
       ~ジョイント技術交流会~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

信州大学ものづくり振興会では平成30年3月16日金曜日に信州大学アクア・
イノベーション拠点(COI)と共同主催による県内企業を中心に開発・技術者と
交流を図る「ジョイント技術交流会」を開催いたします。

本技術交流会は、信州大学ものづくり振興会が支援する工学部共同研究センター
研究会の成果発表並びにアクア・イノベーション拠点(COI)は大学で生み出された
研究開発成果をご紹介し、企業様と共同での実用化を目指したいと考えております。

この機会に是非ご参加ください。

※信州大学アクア・イノベーション拠点(COI) について
http://www.shinshu-u.ac.jp/coi/


※詳細につきましては「信州大学ものづくり振興会」ホームページを
 ご覧ください
http://www.shinshu-u.ac.jp/group/monozukuri/event/2018/02/coi.html#108100

----------------------------------------------------------------------------
◆開催日時  平成30年3月16日(金)14:00~17:20
◆会  場  信州大学長野(工学)キャンパス 
       国際科学イノベーションセンター(E2棟)セミナースペース

【プログラム】
開会 14:00~14:10 信州大学ものづくり振興会会長挨拶

第1部【工学部共同研究センター研究報告】14:10~15:20
======================================================
1.スピンデバイステクノロジー研究センター
   劉小晰(電子情報システム工学科 教授)
2.木でつくる共生建築研究センター 
   羽藤広輔(建築学科 准教授)
3.環境調和型科学技術研究センター 
   梅崎健夫(水環境・土木工学科 教授)/松岡 浩仁 (准教授)
4.グリーンマテリアル・デバイス研究開発センター 
   太子敏則 (電子情報システム工学科 准教授)
5.食・農産業の先端学際研究会 
   大井美知男(工学部 特任教授)
6.信州コロイド&界面科学研究会 
   酒井俊郎(物質化学科 准教授)
7.地域ICT研究会 
   笹森文仁 (電子情報システム工学科 教授)

第2部【COI拠点技術交流会】15:30~17:20
======================================================
1.信州大学アクア・イノベーション拠点の目指すもの
   上田新次郎(プロジェクトリーダー/日立製作所元最高技術顧問)
2.拠点開発の分離膜技術の展開
   遠藤守信(研究リーダー/信州大学特別特任教授)
3.拠点開発成果の展開と企業連携の推進について
   田中厚志(機構戦略支援統括/信州大学工学系教授)
4.CNTおよびCNF複合化による高機能部材の社会実装に向けて
   野口徹(信州大学カーボン科学研究所特任教授)
5.高機能性無機材料を用いたさまざまな水の浄化~水をキレイにする化学~
   手嶋勝弥(サブ研究リーダー/信州大学工学系教授)
6.膜技術の食品関連産業への応用について
   都築浩一(日立製作所産業・水業務統括本部CTO兼技術開発本部長)


【情報交換会】
======================================================
◆時間 17:30~19:00
◆会場 国際科学イノベーションセンター 3階 
     コミュニケーションルーム
    ※事前申込制(会費 2,000円)
     アクア・イノベーション拠点の研究紹介ポスター
     を展示します

★参加申込専用フォームへ
https://goo.gl/forms/VMXgmGICtl2uEiS82

★参加申込書(WORD版)
1信州大学ものづくり振興会(参加申込書)2018.3.16.docx
http://www.shinshu-u.ac.jp/group/monozukuri/event/686368d1a1adf90dd178e97b659760db.docx
【最終版】2018.03.16フライヤー.pdf
http://www.shinshu-u.ac.jp/group/monozukuri/event/c543183e4d5b5da1950098e383a15dca_1.pdf
その他ご不明な点などございましたら、事務局までご連絡を
お願いいたします。


--
信州大学ものづくり振興会事務局
〒380-8553 長野市若里4-17-1
TEL 026-269-5384/FAX 026-269-5729
Email mailto:crckaiin@shinshu-u.ac.jp
http://www.shinshu-u.ac.jp/group/monozukuri/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】「小型・携帯型 医療ヘルスケア機器<産業化特別講演会>」開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このたび諏訪圏ものづくり推進機構では、海外の研究開発や事業化のしくみ、
国や県の医療機器産業政策、またバイオデザインにもとづく開発や事業化の
在り方などを学ぶとともに、小型・携帯型医療機器についての認識を深めて
産業化に繋げて行く上で役立つ講演会を下記の通り開催することとなりました
のでお知らせいたします。

ものづくり企業経営者の皆さま、医療機器分野への参入を検討されている企業の
皆さま、すでに研究・開発を進めている企業の皆さま、ぜひご参加ください。


日時 :平成30年3月22日(木)
      13:30~17:10(受付12:45~)

会場 :テクノプラザおかや・大研修室

参加費:無料

対象 :ものづくり企業、医療機関関係者、大学、行政、
    金融機関及び産業支援機関コーディネータの方等

【問い合わせ先】
NPO諏訪圏ものづくり推進機構 
医療ヘルスケア機器推進研究会 遠藤
TEL:0266-54-2588
e-mail:  mailto:medsuwamo@suwamo.jp

【申込方法】
本セミナーにご参加される場合は、別添のチラシ裏面の申込フォームにご記入
いただき、
FAX(0266-54-5133)または、メール(PDF添付)にてお申込み
いただくか、本メールの記入欄に必要事項をご記入の上、
宛先:  mailto:medsuwamo@suwamo.jp まで3月20日(火)までに
ご返信ください。
(名刺交換会ご参加の場合は3月16日(金)が締め切りとなります。)

◆チラシ:
http://www.m-isc.jp/20180322_medical_healthcare.pdf

-------------------<記入欄>--------------------------

「産業化特別講演会」参加申込書

記事業所名:
所在地:
TEL:
FAX:
参加者氏名:
参加者役職:
名刺交換会 参加 ・ 不参加
        (いずれかに〇印)
e-mail :

-------------------<記入欄>---ここまで---------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】厳選!IoT7つ道具・ソリューション説明会2018
              ~ 改善がかわる!? ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現場IoT7つ道具で、"改善"が大きく変わる。

IoTに取り組むことで目指すべき成果は、1.課題解決、2.最適化、3.価値創造の
3つに 区分できます。そのうち、1.課題解決領域では、IoT取組みによって、
「現場で起こる 問題を今以上の早さで解決し、劇的に生産性を向上すること」が
求められています。

これには、
・現場の"見える化"の常時化
・現場の問題把握の高速化
・現場の問題解決の広域化
・現場のノウハウの集約化

といったことが必要になります。工場の設備や人やワークをインターネットに
つなげ、 それぞれが「いつの時点で」「どんな動きをしていたのか」、
「どんな状態だったのか」がわかるようにし、生産性を劇的にアップさせること
を狙います。

昨今IoT/ICT技術の劇的な進展から、1.課題解決領域において、さまざまな
センシングデバイスやモバイル端末などを活用し、データ収集と可視化を簡便に
行えるツールが 数多く登場してきています。

本セミナーでは、JMACが推進する"現場IoT7つ道具"という視点にもとづいて、
これらIoTツール・ソリューションを整理・厳選し、1.課題解決領域において、
どのような アプローチがあるかを解説してまいります。

なお本セミナーは、IoTツールの評価もかねており、ご来場の皆さまの率直な
評価をいただく予定です。新しい改善、ツール選定の参考となればと考えて
おりますので、ぜひご検討ください。


■報告会概要
 開催日時 : 2018年3月6日(火) 13:30-17:30 (受付13:00~)
 会 場  : 東京都港区海岸1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワー18F 会議室 
        (竹芝駅直結、浜松町徒歩8分)
 定 員  : 30名
        (定員オーバーの場合は抽選とさせていただきます)
 参加料  : 無料

■プログラム
 1)IoT取組み成果領域と現場IoT7つ道具
 2)厳選!IoTツール2018
  【位置IoL】"いまどこ" 位置把握ツール
  【作業IoO】"スマートロガー" ハンズフリーデータ収集の決定版
  【場面IoS】"AI画像解析"AIで状態を 
  【数量IoC】"M2MSTREAM" 双方向通信による遠隔操作
  【危険IoH】"危険メモ(仮)" ヒアリハット情報の簡易収集 
  【稼動IoA】"デバイスウォッチャー" 1台約数分で装着完了
  【品質IoQ】"teraSpection" クラウド型点検情報管理
 3)評価と質疑応答
 4)"改善"を変えるために

■参加対象
 ・新しい改善を志向されている方
 ・IoT取組みを企画・推進される方
 ・IoT取組みレベルアップを推進されたい方
  など

■問題意識
 ・人の動きと状態の見える化
 ・モノの動きと状態の見える化
 ・設備の動きと状態の見える化
 ・現場の過去と未来の見える化
 ・培われた技術の見える化
  など

■担当講師
 日本能率協会コンサルティング
    デジタルイノベーション推進本部長
    シニア・コンサルタント 松本賢治

 日本能率協会コンサルティング
    生産コンサルティング本部長
    シニア・コンサルタント 石田秀夫

 AGC旭硝子 高橋正人氏

 グリッドリンク 武田開智氏

 島田電子工業 島田眞一氏

 富士通エフ・アイ・ピー 北山貴照氏

 ジェーエムエーシステムズ 袖嶋嘉哉氏

■ご参考
・「IoT7つ道具」とは
   > https://www.jmac.co.jp/consulting/theme/iot_7tools.html
・「IoT推進サポート倶楽部」はこちら
   > https://www.jmac.co.jp/seminar/area/tokyo/tokyo_20171205_iot.html
 
・ご案内パンフレットはこちら
   > https://www.jmac.co.jp/seminar/items/IoTsupportclub.pdf

※本サポート倶楽部のご説明が必要でしたらお問い合わせください。

皆さまのご参加をお待ちしております。

▼お申込み・セミナー詳細はこちらから↓↓
https://www.jmac.co.jp/seminar/area/tokyo/tokyo_20180306_02.html


JMAC公開セミナーに関するお問い合わせ先......................................
JMAC (株)日本能率協会コンサルティング フォーラム事務局
▼2017年12月11日より下記に移転致しました。
〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目1-22 日本能率協会ビル7階
mailto: event_consult@jmac.co.jp  https://www.jmac.co.jp/
TEL:0120-096-580 FAX:0120-097-580
☆JMAC 経営コンサルティング関連公開セミナー一覧☆
https://www.jmac.co.jp/seminar/list.html
............................................................................

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】開発ソフトウェア 技術説明会のお知らせ
    ~作業スケジュール調整システム V2 の無償提供について~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

塩尻市雇用創造協議会が平成 29 年度に開発した地域密着型ソフトウェア
「作業スケジュール調整システム V2」及び「書類作成・データ出力システム V2」
について、下記の日程で技術説明会を開催し、無償提供いたします。

技術説明会では、システム構築手順及びソースコードの特徴等の説明及び質疑応答を
行うほか、4月設立予定のコンソーシアムについても説明を行う予定です。
協議会では、提供する2つのシステムを貴社の自社製品として活用いただき、
雇用増加につなげていただきたいと考えております。

お忙しいところ恐縮ですが、説明会に参加いただきますよう、よろしくお願い
いたします。

1.日時:2月27日(火)14:00~16:00(途中退席も可能です)

2.場所:塩尻インキュベーションプラザ2階 産学連携室(塩尻市大門八番町1-2)

3.対象:本ソフトを自社製品として事業化したい ICT 企業様本ソフトを事業所の
     運用に役立てたい方

4.主な内容:
  ・「作業スケジュール調整システム V2」と「データ出力システム」の構築手順、
    ソースコードの特徴、注意点などの説明
  ・著作権、MITライセンスの説明
  ・3 月までのサポート体制と 4 月以降について
  ・コンソーシアム(4月設立予定)の説明と協力依頼

5.無償提供の内容:
  ・オープンソースソフトウェア「作業スケジュール調整システム V2」
  ・関連ソフトウェア「書類作成システム」(Excel VBA 用プログラム)
  ・関連マニュアル
  ・関連資料(構築手順書、各種構成図、画面遷移図など)
  ・作業スケジュール調整システム、操作解説動画

6.申し込み:特に申し込みは必要ありません。当日会場にお越し下さい。

7.問い合わせ:
   塩尻市雇用創造協議会 ソフトウェア開発担当 武井、金田、津浦
   電話 0263-31-5262
   メール ict@shiojiri-koyou.jp

※当日来場できない方にも、希望があればソフトウェアの無償提供を行います。
詳しくは担当まで御連絡ください。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

<< 前の記事へ       次の記事へ >>

最近のブログ記事

長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【3】<製造事業所の皆様へ> 平成30年…
中小企業庁/中小企業基盤整備機構よりのお知らせ
【10】★補助金等公募状況のお知らせ★ …
松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ
【1】「きたしん うまいもん市『食のバイ…
長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【3】海外展示会(工業系)に関するアンケ…
中小企業庁/中小企業基盤整備機構よりのお知らせ
【10】★補助金等公募状況のお知らせ★ …
松本商工会議所 まつもと工業支援センターよりのお知らせ
【1】経営計画策定セミナー開催のお知らせ…
長野県中小企業振興センターよりのお知らせ
【5】医療・ヘルスケア機器 産業化特別講…