「2018 まつもと広域ものづくりフェア 実施計画」が発表されました。

開催主旨
松本広域の将来を担う子ども達に地域製造業などに就職してもらえるよう、ものづくりや理工学に関心を持ってもらうイベントを開催し、並びに地域製造業の求人求職を見据えた学生と企業とをマッチングする事業を行い、若者の定着を図ることで松本地域経済の活性化に寄与する。
期日
平成30 年7 月13 日(金)14 日(土)・15 日(日)
場所
松本大学
(松本電鉄上高地線「松本大学前」下車徒歩2 分)
主な事業の実施概要

ものづくり体験教室や科学実験教室を開催し、将来を担う子供たちに、ものづくりや理工学に関心を持ってもらう。
【概要】将来を担う人材にものづくりや科学の楽しさ、大切さを体験してもらう。更に、モノができる・動く「理由や仕組み」を学べる機会を設け提供する。
先端技術を使った製品の展示・デモンストレーションの開催し、松本広域をはじめとした学校・企業の技術力を見て、知ってもらう。
【概要】地元地域の学校や企業が有する最先端技術を使った製品の展示やデモンストレーションを拡充し子供たちのものづくりに対する興味・関心度の向上を図る。
(1)地元学生によるものづくり製作物の展示
(2)先端技術を使った製品の展示・デモンストレーションの開催
中信地区高校生と地域ものづくり企業とをマッチングする事業を開催し、当該地域の求人・求職に寄与する。
ものづくり企業見学会の開催(昨年開催例)
■ 概要 中信地区高校生を対象に実施し、まつもと広域のものづくり企業を知ってもらう事で、近い将来の就職に寄与する。
■ 参加者 7校・47名(事務局含む)
産学官による展示・デモンストレーションコーナー
【概要】まつもと広域のものづくり企業や学生の取り組みを知ってもらう事で、ものづくりを身近に感じてもらう。
松本信用金庫プレゼンツ 第4回長野県高等学校コマ大戦の開催
■長野県内の工業高校の生徒によって製作されたコマによる競技会の実施。年々参加校とチームが増加して大会規模が拡大する一方、進行の都合上トーナメント制を採用のため敗退するチームへの配慮が欠けてしまった点や、大会規模に見合った演出がされていなかったなどの課題解決に向け、長野県「地域発元気づくり支援金」を活用して、コマ対戦の規模拡大を図るため申請を行い、現在審査中。
 2017 年大会(第3 回)
  出場校:松本工業、飯田OIDE 長姫、上田千曲、蘇南、中野立志館、岡谷工業、長野工業
  チーム数:32
  優勝校:飯田OIDE 長姫
その他の事業
(1)松本大学生によるグルメコーナー
(2017 実施例)「地域活性」をコンセプトに、グルメ研究をしている学生たちが新たに開発したメニューがたくさん登場します。
「地域活性」をコンセプトに、グルメ研究をしている学生たちが新規開発したメニューを用意

スケジュール概要
区分 実施内容 7/13(金) 7/14(土) 7/15(日)
主催事業 1.ものづくり体験・科学実験教室  
2.企業の固有技術を使った製品の展示、デモ  
3.企業見学会(予定) AM    
4.産学官連携コーナー・飲食コーナー  
同時開催 1.創造ものづくりフェア in まつもと(予定)  

【お問合せ先】
松本商工会議所
中小企業振興部 ものづくり支援グループ(担当:山田)
TEL:0263-32-5350 FAX:0263-32-1482

カテゴリー:お知らせ